一生涯かけて実現したいことのために・・・自分らしくあるために何ができるかを日々見つける日記


by kevala
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

work shop zero

みんなが心を開いているとき そこに飛び込んだ私は二ヶ月前のあの日を思い出す

私はこの太い足が大嫌いだった 死ぬほど嫌いだった 今まで一言も自分にありがとうなんて言葉をかけたこともなかった。もっと細くなりたいそう思ってこの太い足を忌み嫌っていた。
この足があったからここまでこれた ありがとう という言葉を言ったとき自分が自分をいたわっていないことを知った。

昨夜 自分が今日までずっと生きてきたことが走馬灯のように頭をよぎった
毎10月18日 私はいままでどんな自分でいたのだろう・・・
自分がそのときそのとき頑張っていた積み重ねが今なんだなぁと感じるとじーんとくる

本当は心を開きたい 目をみつめあって話がしたい 恥ずかしいけれど手をさしのべたい
わかりあいたい 
私はそう思っているし、みんなそう思っているんだ

人の目をなんのいつわりもなく心を開いてまっすぐに見たとき、それだけで愛を感じる
できればいつもそうやっていたいのに・・・ なにが悪いとか良いとかなくて
みんな不安や恐怖があるだけだから そういうときはそばにいてハグをしてあげればいい

はずかしいからやめておこう そこから一歩でてみよう
傷つくからやめておこう    そこにいては始まらない

自分をいつくしむこと       
自分をほめること         
自分のダメもいいも  自分を知る第一歩

知るから始めよう   逃げずに知ることから
等身大で始めよう   そこからすべてが始まる
その丘を越えたら   はてしなく広がる海がみえるよ
その坂を上れば    終わりのない世界にであえるよ

[PR]
by kevala | 2009-01-19 01:34 | できごと