一生涯かけて実現したいことのために・・・自分らしくあるために何ができるかを日々見つける日記


by kevala
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

自分と他人との比較


昨日のいくみんの誕生日会は、自分なりに居づらさを感じていた。
おそらくそれは他人と自分を比較してしまっているからにすぎないのだが、他人を知るというプロセスに
必ず人間だから起きてしまう感情がある。他人の芝生は青いということ、これは生きている限り逃れられない
一時の感情だ。
とにもかくにも自分は今自分で心地よい。I am comfortable by myselfという感じで、やっとI became free from anyone, and feel all myselfだ。
自分がただそこにいられて他人に何も言われずにいられることに自由を感じており、それが最大に幸せなのに・・・
いったん他人と比べるとどん底につきおとされるかのような感覚にもなってしまう。人間って面白いことに。

これから結婚しますというような婚約者たちが多くいるなかで自分にもそういう時期があったことが意図せずにも
記憶が掘り起こされてしまう。自分もみんなのように希望に満ちて結婚したはずなのに・・という感情がやみくもにでてしまうのだ。
自分は自分それでいいというような感情がなかなか生まれず、翻弄されるような時間だった。
そうやって自分を冷静に分析もできるようになっているところは成長のしるしなのかもしれない。

まだまだその手のことには避けている自分がいる。ウェディング関連の話にはなるべく自分からいかないようにと。
まだまだ他人の結婚式に参加するのもつらい時期で、心からおめでとうと言えるように早くなりたいと思う。
結婚に期待があったからなのか、ただ皆のきらきらした姿をみて現実的なことを考えてしまうのは私だけなのだろうか。
もっと夢をみていたかったけれど、人生などそんな甘くないのであると。

ウエディング、チッという感情はまだまだ自分にはある。ただそんな自分としばらく付き合って癒していかないと可哀そうだなと
もう一人の自分が語りかけた。
[PR]
by kevala | 2009-03-16 14:55 | できごと