一生涯かけて実現したいことのために・・・自分らしくあるために何ができるかを日々見つける日記


by kevala
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タロットが教えてくれることは

b0145359_14162939.jpg

本当の自分が教えてくれていることだと理解している。

本当の自分を忘れてこの世に来ているのだから…

まず質問は政治家になるにはまず第一になにをすべきですかと質問した

左側が質問の答え
右側がその質問を取り巻く外的要因や影響

左側
ウォーターの6
再会 ノスタルジア
ずっとやりたいと思いながらやらずにいたことがあるということが示唆されている。
もう一度そのことについて考えてみるべきタイミングかもしれない。


クロッシング架け橋
すべては変容する
従来の名称 死
主題
準備が整った時、変容が始まる

このカードの底流には変化の必要性とその結果従々 にして引き起こされる困難があります。
何かが終わることなしには何も新しく始まることはありませんし、何か古いものを排除しなければならないという切羽詰まった状況にあなたがおかれていることを示唆しています。
確固とした行動は即座に結果となって現れるのです。
どのような選択をするにしてもそれは元には戻せないのですから、意志の力を精一杯に使うことです。
再生のときが待っています
このカードはまた断食、デトックス、薬物依存からの更正、精神的な変容などあらゆる意味での浄化を意味します

というカードをひいた

結局今自分が選択している方向は光の方向だということがわかる。
小さい頃からの夢をかくしていた自分はやはり正直に生きることを自分に課したとき、もうかくすことはできなくなった。
小学校1年の7歳くらいからなにかを感じていたが9歳には土井たか子ファンになっていた。
彼女は女性初の政党党首だから注目していたが、私にとって女性初というものがとにかく惹かれた。

一方 私はここにこしてきて一番好きなのは墨田川をこえる橋を歩くことだ
橋を渡る行為そのものがすごく好きであり、今回のカードには意識が顕在化されたとおもう
架け橋になりたいという気持はそこからくるのだろうか

食生活ではデトックスばかりに興味があるし…
私は真実へのただの架け橋になりたいだけである
自分は橋でよいと思うのだ
だから私には力そのものはないかもしれないが橋を提供はできそうである
正しい方向に架ける橋は日本には必要だ

いつも墨田川を越えるとわくわくする気持ちを読むのはそのためだったのか
江戸時代から人々は新しいものをもとめて墨田川を越えて浅草や日本橋までやってきたという

今私がここにいる意味がみえて本当にいいリーディングだった
[PR]
by kevala | 2009-05-16 14:16 | できごと