一生涯かけて実現したいことのために・・・自分らしくあるために何ができるかを日々見つける日記


by kevala
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

-

最後の君はどこか遠くをみて
僕の目には眩しすぎるほど夢を語っていた

誕生日が近いから
いつも一緒に祝って
誕生日が近いから
いつでも忘れられない

まだハートにフックをかけてくる
僕の腕に猫みたいに あの丸いつめで 
また突然迷子のように
僕を探してくれたら 
[PR]
by kevala | 2011-09-09 00:53 | できごと