一生涯かけて実現したいことのために・・・自分らしくあるために何ができるかを日々見つける日記


by kevala
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

バラの花束 


 エレガントなクリスタル。 
私の部屋で見つけたイタリア製のクリスタルは結婚された二人にぴったりだ。
とにかくずっと長く使えそうな上品なクリスタル 
b0145359_14104488.jpg

 ずっと気になっていました。
すごくお世話になっていてメールもいつもすぐに返信くださるのです。
今年の4月にお会いしてから私を本当にひっぱってくださいました。そしてその方が先日ご結 婚されたのです。
  11月1日2日と人間力向上セミナーにでてから閉ざされた自分の心が開かれて誰かを喜ばせたいという気持ちがすごく素直に表現できました。本当に本当に有難う。出逢えて嬉しかった 昨日は、15時半に新宿で会うことになっていました。前日からあのクリスタルを買おうと決めていましたのでちょうどいい時間に新宿につくように計画。
家を12時にでて上野公園に行きIKEAの古民家プロジェクトのイベントを見に行き一人で芸大前まで秋の紅葉を楽しみました。こんなに上野っていい場所なんだなぁと思いながら歩いて待ち合わせに間に合うように新宿へ。
 13時頃 今日19時以降の予定は?とメールで聞きました。そしたら家におりますがなんでしょう?と。
 “楽しみにしていてください”と返信。

 さっそくクリスタルを買って綺麗に包装してもらいました♪ 前日その方と会うため待ち合わせ場所などメールをしていたのですが、明日はルミネ10%なので買い物もしたいし新宿で待ち合わせはいかがでしょう?なんて書いたのでおそらくそのお方は私が自分のものを買ったのだと思ったにちがいありません。
 ルミネエストの8Fのカフェに入り、クリスタルを包んだ紙袋を手に自分のことを振り返るカウンセリングが始まり最後は、そのお方に結婚してどうですか?なんて聞いた自分がいました。
そしてお渡し。 とても喜んでおられました。(はい そこまで~は普通ですね)

 お渡しした後19時までは魔法がかかっているので開けないでくださいと伝えました。

このクリスタルの花瓶 結婚の贈り物として人気があるようですが、私はあることを全く忘れていたのです。そうそう私の主人がこう一言。
“花がないと寂しいね”
今 考えると素敵な一言でした。彼の一言でひらめいたのです。

今から1ヶ月くらい前に宅急便で時間差で贈ろうか?!と主人と話をしました。
素敵すぎる!でも住所を聞き出すとばれちゃわない?ってことになり保留していたのです。

なぜ19時か。主人が東京の会社を定時であがり、主人の感性で花を選び電車で新宿まで来るには1時間半はかかります。
しかし昨日は、人身事故が起こって間に合うかどうかとても心配でした。
19時。たぶん19時に開けてくれるだろうと思ったので、19時10分の時間差で花を届けようと計画していたのです。

運よく19時にぴったりにそのお方と奥様の家の前に到着。家にあかりがついているので自宅にいると思ってほっとしました。私は、本当に緊張していたのです。
19時に届けたら、開けた、わ~ 花!って感じ。
19時10分に届けたら 開けた、わ~あれ?なぜ? ピンポーンまじで!となります。
なので時計を見て19時10分頃を狙いました。

そして主人が“宅急便で~す”とドアの前へ。
そしたらすごく驚いてくれたのだそうですよ!!!

ぜひ主人にドアの前に立ってもらいたかったので、私は下の階で隠れていました。
そして花瓶にやっとバラの花束が10本。

こんなに素敵なバラをみたのは初めてでした。
ピンクと赤の中間のしっかりした色に凛とした雰囲気。まさにそのご夫婦そのものでした。

花瓶は、花があるために花瓶がある。花は花瓶がないと花として美しく存在できない。
とても深いメッセージでした。夫婦のようです。
どちらが花になるのかは時と場合によるのでしょうけれど、お互い存在するためには必要なのですね。

そして何より他人が喜び感動してもらえたことが私にとっての深い感動です。
b0145359_14395182.jpg

これはイメージですが、これと似たようなバラを贈りました。
[PR]
by kevala | 2008-11-07 14:57 | できごと