一生涯かけて実現したいことのために・・・自分らしくあるために何ができるかを日々見つける日記


by kevala
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:できごと( 195 )

-

砂糖の焦げた香りに誘われて  
私の女の子が寂しいとき
ここに来てしまうの

女の子には甘さが癒し
ijustwannasweet
ijustwannasweetfromu

フルーツタルトにはすべてがある
色とりどりのフルーツはまるで自分の気持ちみたいに
甘酸っぱくても最後はタルトがしっかり包んでくれる
そんな恋がしたい 
[PR]
by kevala | 2011-08-22 16:06 | できごと

-

鏡に映った自分の 今日のメイクは濃さ
意識がわたしにむいているそれじゃあほど遠いよね

今まで何かが足りないと
思って塗り足してきた
自分の色さえわからなくなり
たくさん混ぜたら黒になって
[PR]
by kevala | 2011-08-21 10:59 | できごと

-

転職はアーティストだなんて
甘いものじゃないけど
他のことには不器用で
無理をしてしまいそう

等身大の自分でいられるとこ
みんな持っているかな 
それを探しているのかな

新しい自分を探すより
輝いてた自分に戻る方が
何かを足すのではなくて
余計なものをひいてゆく
そしたらホントの自分になれそう 

資格とか目に見える 
そんなものを目標に
しがみついていたけど
大切なのは目には見えなくて

もうこれ以上進めない
ならば戻ってもいいじゃない
+から-の発想すれば
必ずみえてくるからさ
[PR]
by kevala | 2011-08-21 10:54 | できごと

-

まだ声が聴こえてる 果たせない約束を 
まだ体に刻まれているから
耳をふさいでも 聴こえてしまうの
あなたのなかに 生きていければいいの
生みだす痛みも知らないでエゴでもいいですか 
あなたの小さなあなたに 会いたいのです 


春になると 少なくなった年賀状に 生まれましたと報告ハガキ

なにかを焦らせる 知らせですか
わたしのなかの なにかがうずいているよう

痛むのです 他人の知らせに返す言葉はみつからず

ただエゴだけで本能のまま
引き寄せて月に交信を
[PR]
by kevala | 2011-08-20 22:46 | できごと

-

君とずっといたのは執着だったのかな
微かな光をまだみたくて
また君とあの時のように
普通にごはんならべて
おいしいねって言えたら
それだけで良かったのに

ひび割れた大地に いくら家を作ろうとしても
取り繕う毎日だったよね
僕の努力と優しい言葉も
君の傷を埋めるには足りなかった

そんなつもりじゃなく
はいてしまった言葉は
ナイフのように傷をつけた
君の白いドレスを ふんでしまったんだよね

あの日 あの時戻れるなら別れればよかったのかな
[PR]
by kevala | 2011-08-20 22:15 | できごと

-

メールをしないように
お互いに思ってるのね

そのホントは破りたい
いまだけは 叶わぬ愛でも
重ならぬ 道でも重ねてみる
傷のなめあい でもいいから
優しいあなたに 優しいわたし
繊細なあなたに 繊細なわたし

そんな優しい目でみないで
いつでも闇に消えてしまいそうで

あなたが社会で何をしようとしようと
あなたはわたしの前で一番可愛い顔してる

わたしがわがままだから
困らせてばかりで
わざと怒らせたけど
叶わぬ恋でなく
叶えようとしたから

またsmile to me
心のピントをあわせぬように 窓の外をみてたの
あなたが最高のわたしを 映してくれると知っていたから

あなたに映されて
輝く私をみていて
[PR]
by kevala | 2011-08-20 22:04 | できごと

Over atlantic ocean

忘れてたもの 海を越えてとりにいこう
決してもう 離さないよ
この世で一番 輝いていたあの時の自分へ 

憧れたあなたがギターを弾くから 
同じ言葉を話してみたくて
ごめんね 忘れていたんだ
君と一緒にいると自分を忘れられて 音の世界で羽をのばしたよう
現実に戻るのが怖くなるほどに

なんとなく続けた 曲がりなりにやってきた趣味も
社会にでたら やらなくなるの 
誰にでもあると思うんだ
うまくはないけど、なんとなく続いてたものが
自分を忘れたときは また戻ればいいだけだよ 
[PR]
by kevala | 2011-08-20 21:45 | できごと
いつか大人になったら  ドラマにでてくる主人公の照明の綺麗な部屋に住んでいつものバーに仲間がいる
そんなキャリアウーマンに憧れてた

かっこいい女になれても
かわいい女を捨ててきた

社会のいうできる女性を
誰も愛してはくれないじゃない 

毎日仕事で精一杯で
わたし頑張ってますって顔してた
重い荷物をいれて
ヒールさえはけなくなっていた
仕事と家の往復で
まさかの出会いなんてないじゃない

あのときにみたのは幻想 
いまわかって良かったよ

女って仕事したらきれいになるの
無理したら一年ごとにしわがふえ
どうせなら好きなことしたい
もう自分にウソはつけないから
[PR]
by kevala | 2011-08-20 21:21 | できごと

みんな手探り

1月11日から新しいエネルギーの始まりのようで、じつは体調を悪くしてる人が多いのだという。
今日、私と同じような体質をもつアンに話したらぴったりその日でした。火星と水星が逆に動いてると。。。
私の親友は13日に無事初めての赤ちゃんを出産、もう一人の友人の愛息子の一歳の誕生日とか、なんだか記念すべきことが多い。
ふと話をした昔の友人は、父親として自分が何もしてこなかった、、と話す。

でも父親ってどうあるべきかがわからないんだよねって。
考えさせられる言葉でした。
私の親友の彼女はママ一年生。何年生になっても卒業はないみたいだ。

昨夜、私のパートナーと話をしたときにふときづいたこと。
それはみんな手探りだということ。
彼は会社を昨年辞めて独立したが、私にとっても独立したパートナーをもつことは生まれて初めてでどういうものかもわからない。
相手も手探りだが、私も手探りな相手に手探りだし、手探りな私に相手も手探りなわけで、みんなてさぐりじゃないかと。

みんなこと世で生きることは手探りなんだから、いかに勇気をもって飛び込めるかだなーと改めて感じたのでした。

同じことなんて二度とないし。

手探りだけど自分が進む方向はだいたい定めておきたいものです。
そしていいときもわるいときもどちらの自分も同じように扱うこと。

今日は十数年ぶりのバレエ。
すごく楽しめました。
[PR]
by kevala | 2010-01-18 21:15 | できごと

なみだのメロディ

切ないメロディーにまかせて
バタンと閉じたドア
目の前が涙でみえないくらい
大雨のなかの公衆電話ガラスまたいに
聞こえてしまう自分の泣き声を
なんとか歌でかきけすように

シャワーの流れにまかせて
自分の心が大洪水で
目がうさぎになるほどに
泣いて泣いて泣いて

どこまで泣けばやむんだろう
上をむいてもまだまだ雨がふる

バリンと割れたガラスが
いっきに自分を指してくる
痛くて痛くても逃げられない
朝がくるまで太陽をまつような
北風にせをむける旅人みたいに

壊れたものをとりもどすのに
あと何があればいい
[PR]
by kevala | 2010-01-12 22:42 | できごと