一生涯かけて実現したいことのために・・・自分らしくあるために何ができるかを日々見つける日記


by kevala
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

私の育ったあの国

韓国から来たサランに会って自分が幼い頃に心に留めていたものが蘇ってきた。

小学生三年で私は韓国のSeoul日本人小学校から転校してきた。
「私は韓国から転校してきました」と挨拶をしてから、給食の時間に「韓国人だ」と言われてなんだか悪くいわれているような感覚になった。
あの時泣いたのを覚えてる。

1987年のSeoulオリンピックの前の大韓航空機事件のテロの時 私たち家族はSeoulにいた。

私は学校の帰りに友達と話ながら家へ歩いていたときに急に中学生から殴られた。
「どうして!私が急に」泣きながら走って家に帰ったのを覚えている。
母は私を抱き締め理由は語らずにそして「もう日本語を外ではなしてはいけないからね」とだけ言われた。

とにかく早く日本に帰りたい。
そういつもいつも思っていた。

日本に帰り、私は韓国人と言われそれからは韓国にすんでいたことを隠すようになった。
友達にはアメリカから来たと嘘をついた方が厄介ではなさそうだとしっていたから。

私は若干9歳で両国から板挟みになるような感覚を得た。
韓国では日本人だっていじめられ、日本では韓国人だって言われた。私は日本人だよっていうたびにつらくなった。

そしてすべてを知ったのは中学の頃の歴史の教科書だった。
日本は昔、戦争をしていたんだって…。

私の心に受けた痛みはやっぱりあったんだといま思う。

韓国の友人となにかひとつになり分かりあえたことや自分の体験をはなすことができたから。

韓流ブームをずっと斜めにみていたのは、私にこういう傷があったからかもしれない。
韓流ブームのさらに先に歴史をたどる大切なことがあることを忘れないでほしいといつも思う。
6年ぶりに逢った彼女が別れ際に「I CAME HERE JUST TO SEE YOU」って言ってくれた。
次は私が逢いにいきハングルでそう伝えたくなった。

ありがとう
[PR]
by kevala | 2009-01-30 03:47 | できごと

再会

先日結婚されたと聞いてさっそくおめでとうとメッセージを送った。今日はたくさん話を聞いてもらって本当に本当に感謝でした。
京橋明治製菓ビルの100%チョコレートカフェにいきました。

b0145359_0594286.jpg



さらに帰り際こんなかわいこちゃんにであいました。みてみてドラえもんがまさに好きなミーちゃんみたい。なぜか窓際にドラえもんのフィギアがありすごく感激しました。
ドラえもんは、漫画のなかでも白い猫のミーちゃんには目がハートでしたからね

b0145359_18419.jpg
[PR]
by kevala | 2009-01-24 01:04 | できごと
私が最初に働いたのは広報職。最初にわたされた社内報のつくりかたの本にかいてあったことばだ。私はこのことばが忘れられずにいる。

愛することは知ることから始まる
これには政治参加へのヒントがある。

いまや政策の中身はどの議員がなにをいおうと誰がいっているのかまったくわからない。
そこで私から提言したのが、日本という国がいったいどうなっているのか国会議員から市議会まですべての人がつながるポータルを作ることだ。

今の有権者はインターネットで情報を手にいれるという世代ではないが、間違いなくインターネット上での議論や世論調査などが必要になってくると思われる。
透明化とスピードのある構造改革のためには必要である。

たとえば東京都なら東京駅で毎月一回世論調査を開始する
全国48都道府県で。

総務省かんかつだがどっかのかいしゃの総務みたいになんにも働いていない気がするな

政治家になったら取り組みたいことのひとつ
この国どーなっているののフレームワークづくりである

どうやってフレームワークを作るかこれからこのブログで提案していきたい

第二に行政の無駄をなくすというがどれくらいの無駄か国民にはもうすこし簡略化して伝える必要がある
図解することなど
[PR]
by kevala | 2009-01-22 21:56 | 政治

choku 誕生日会

同じセミナーで知り合った彼の誕生日会にお呼ばれした。
29歳になる彼。年齢も一緒。
とてもまっすぐな考えをもっていて、素直なところはいつでも人に慕われる。
40人以上集まったかな。そういうところがまたすばらしいなぁと思いました。
いろんなところでひとってつながっているんだな 一人じゃないし、偶然は絶対にない。
何かを学びあうためにそこで出会っているんだと思います。

昨夜は終電を逃して
新宿の女性専用スパにでかけた。岩盤サウナがとてもよくてマイナスイオンがたっぷりのサウナで汗をたっぷり流した。タクシーで帰るよりはいいかもしれない。
みんなそれぞれなにか事情があってきているんだなって思うと、私だけ悩んでいるんじゃないんだなと逆にポジティブになれました。
クーポン券を利用して2900円で入ることができて女性専用にしてはとてもお得。
写真にはなかなか写らないけれど、昭和のレトロな感じもして逆にそれはそれでOKでした。

b0145359_21455677.jpg


渋谷のセンター街にあるスタバ2階から眺めていた風景。自分のこころが雨傘のようにばらばらなかんじった
b0145359_21463160.jpg
[PR]
by kevala | 2009-01-22 18:35 | できごと

自炊

自炊をしてからおそらく調子がよい 
今日は野菜たっぷりのトマトソースを作りペンネとあえてみました。
野菜のトマト煮ですが、ブロッコリの芯まで煮込み、ナスなど油にしんなりするようなものを入れています。オリーブオイルのからしソースがあるのでそれとあえてみようかな
科学実験のようなもの 料理は試行錯誤ですね 
b0145359_17191764.jpg



このオイルをいれるとよさそうな予感ですね
b0145359_1727719.jpg
イタリア産のペペロンチーニ(唐辛子)を使用し、エキストラヴァージンオリーブオイルに漬け込みました。パスタの仕上げやピッツアのトッピングにお好みの量かけるのがお薦め(南イタリアではタバスコは使いません)!トマト系やオイル系のパスタソースに使うと味が引き立ちます。
とにかく”辛い”ので、辛いもの好きにはたまりませんよ!
[PR]
by kevala | 2009-01-21 17:19 | 料理

春をもう感じていたい

最近一日一日風のやわらかさが違う
今日はもう春のようなやわらかさでこころがとけるようだった
風とにらめっこをして歩く冬から風そよぐ春が待ちどおしい

しかし夕方になるとラジオから明日は大寒だと聞こえてくる
暦のとおり急に風は強くなり久しぶりにスカートをはいて外にでた私にはとても堪えた

これから本格的なさむさがやってくるなんて想像したくないくらいですが鍋で身もこころもあっためていこうと思うわ
[PR]
by kevala | 2009-01-20 01:54 | できごと

高田の馬場

高田の馬場 山の手電車で聞く響き 文字通りの馬の町
それは昔々にさかのぼる 馬をあずけた街なのさ
どこに隠れろ 実はその 江戸の文化は今もなお
街のどこかにあるのだよ 

馬小屋をどこかに感じるのならば 江戸400年と通じてる
[PR]
by kevala | 2009-01-19 01:52 | できごと
b0145359_213045.jpg


舶来モノを馬車にのせて、はるばる横浜からやってくる あこがれの街
どんなに離れているのだろう 考えもしないほど遠くの国からやってきた髪飾り
着物を我慢して旦那にへそくりしてためた銭で あこがれ鏡をみにいくの

誘いあわせで約束の 下町奥様をつれて 手鏡もって化粧して私も西洋婦人かな
日本橋よ 日本橋 心のはずむ橋わたり 頬紅に色添えて私も粋な女かな

日本橋よ 日本橋 墨田の川こえやってきた 少し色恋してみたい

~日本橋三越に憧れた一江戸の婦人を描いた心模様~

女はいつの時代も舶来品が大好きなもの へそくりしてでも買いたいものが江戸の婦人にもあったのではないだろうかと想像する 横浜から東海道で馬ではこばれた西洋の箪笥などが有名であるが 箪笥などは貴族などしかかえなかっただろうから 小物でも欲しいわと憧れた婦人がいるのではないだろうか・・・浅草の夜市ではまがいものがあったのかもしれないが・・三越に憧れた当時の女性の気持ちを想像してみた

日本橋復活は、江戸の文化を再発見できることにつながり
それが日本人の精神世界復活もつながることだと感じている
日本橋は、日本が物品を通して西洋の文化を取り入れた象徴である
それが繁栄につながり今の日本があるが、その橋を否定することは必要ない
戦後に日本の文化を抑圧してきてもう60年余り 日本の新しいあり方をさぐるヒントに
日本橋復活を待ち望んでいる

日本が戦争にまけたこと 戦争に参戦したこと すべて否定をすることからしか戦後がなかった
今の繁栄もひずみも過去にさかのぼらなければならないが新しい道を模索するには
過去の歴史を受け入れるしかないのかもしれない 肯定も否定もなしとして

独自の文化をつくりあげ鎖国政策をとってきた江戸文化 
そこから学べることはまだまだありすぎるほどある
自分を否定することからは始まらないのだから
国も同じかもしれないのである

戦後 経済の繁栄に全国民が総力をあげその象徴としてつくりあげた東京オリンピック
なにが成功なのか いまはわからなくなってくる
首都高速は確かにべんりだが  日本橋の上にそのまま首都高をつくったことが
戦後の日本の象徴でもあると私は感じるのだ

これからの日本を作るために シンボルを大事にしたいのです
人がひとつになるには なにかひとつ共有していることが大事
富士山や日本橋や東京にもみんながあ~ここは日本だなと感じられるシンボルが必要
それは人工物の東京タワーではなく連綿と先祖がつくりあげてきた文化を継承するものだ

否定も肯定も必要がないが、否定よりはややどちらも分析した上で肯定していきたいのが持論
そこからしか新しい道がないからだ


いつの時代も女性は女性なのである

あの頃と通じてみたい自分がいる

b0145359_213911.jpg
b0145359_215631.jpg
b0145359_22791.jpg


More
[PR]
by kevala | 2009-01-19 01:46 | できごと

work shop zero

みんなが心を開いているとき そこに飛び込んだ私は二ヶ月前のあの日を思い出す

私はこの太い足が大嫌いだった 死ぬほど嫌いだった 今まで一言も自分にありがとうなんて言葉をかけたこともなかった。もっと細くなりたいそう思ってこの太い足を忌み嫌っていた。
この足があったからここまでこれた ありがとう という言葉を言ったとき自分が自分をいたわっていないことを知った。

昨夜 自分が今日までずっと生きてきたことが走馬灯のように頭をよぎった
毎10月18日 私はいままでどんな自分でいたのだろう・・・
自分がそのときそのとき頑張っていた積み重ねが今なんだなぁと感じるとじーんとくる

本当は心を開きたい 目をみつめあって話がしたい 恥ずかしいけれど手をさしのべたい
わかりあいたい 
私はそう思っているし、みんなそう思っているんだ

人の目をなんのいつわりもなく心を開いてまっすぐに見たとき、それだけで愛を感じる
できればいつもそうやっていたいのに・・・ なにが悪いとか良いとかなくて
みんな不安や恐怖があるだけだから そういうときはそばにいてハグをしてあげればいい

はずかしいからやめておこう そこから一歩でてみよう
傷つくからやめておこう    そこにいては始まらない

自分をいつくしむこと       
自分をほめること         
自分のダメもいいも  自分を知る第一歩

知るから始めよう   逃げずに知ることから
等身大で始めよう   そこからすべてが始まる
その丘を越えたら   はてしなく広がる海がみえるよ
その坂を上れば    終わりのない世界にであえるよ

[PR]
by kevala | 2009-01-19 01:34 | できごと

IKEA 和室のインテリア

IKEAの和室コーディネートをしたイベントに参加した際の写真です。インテリアとしてとても興味深い。。。
b0145359_1017273.jpg

[PR]
by kevala | 2009-01-18 10:17 | おしゃれ